« みなさんのあたたかいコメントに感謝です☆ | トップページ | みなさんのあたたかさに涙 »

いいふうふの日の告白

今日は、微熱もなく身体が少~しらくちんです☆

TVでモデルの梨花ちゃんが元気な男の子を出産♡

とっても、自分のことのようにうれしかった~

わたしの憧れのひと☆

すごく大変なお産だったようで、

考えさせられました。。。


お産は命がけといいます。

わたしの大親友も、先日男の子を出産したよ☆って連絡がきました。

親友もホント大変な出産。。。だったようで。

母子ともに危険だったそうです。。。


みんな、お産って幸せなシュミレーションをしているけど。

ひとつとして、同じ出産はないのです。

アクシデントだって起こりうる。

母にしかわからない苦しみです。



そして、母にしかわからない何とも言えない感動も。



わたしたちのbabyちゃんも無事に育ってほしい☆

流産体質のわたしに、babyちゃんが、

つわりで無理に動かないようにセーブしているのかも?

それに、きっと神様がわたしに苦しみを与え続けているのかもしれません。




わたしには、手放してしまったわが子がおります。

精神的に生きることを見失ったわたしは、離婚と同時にわが子を手元におくことが

できませんでした。

生きることをもう一度思いなおした頃には、

後戻りなどできない月日がたっていました。

今でも、おぼえているこの手に抱きしめていたわが子のぬくもり。

毎日をあの子たちに捧げ自分を犠牲にしても、

守りたかったわが子。

でも、あの時何が何でも自分のそばに置いておいたら。。。

死を考える弱い親よりも、

元の旦那さんと、祖父祖母と暮らした方がよかったのでしょう。。。

以来一度も会うことのできない日々が、

わたしをもっと追いつめていきました。

どうして弱くなったんだろう。。。

自分が嫌にもなる日々。

自分が何なのかすらわからなくなり。

うつ病は今では世間に多く知られていますが、

わたしが発症した時は、まだまだ受け入れてもらえませんでした。

実の母ですら、受け入れるのに時間が少々かかったほどです。



壮絶な闘病生活。

母は気が気ではなかった。

今こうしてまた微笑み幸せそうなわが子が、

見ることができるなんて思いもしなかったと。


あのとき、命を一度すてようとしたわたしを生かした神様は、

きっとまだこの世界をみてたくさんの経験をさせたかったのかもしれません。



今の主人には、何もかもはなしても、

全てを受け入れ。わたしには子供がいたことも知っても、

かわらずにそばにいてくれました。

ときおり起こる突発的な感情のときも離れることなく傍にしてくれる。


こどもを作ることに一歩踏み出せない私に、

あたたかいこころでずっと待ってくれました。


そんななかできたこの子は、

わたしをもう一度強くしてくれている存在です。



そして、毎日わすれることのないわが子の幸せを、

毎日祈ることしかできないませんが、

いつか心のそこから幸せと感じる日がくるまで祈り続けます。



生きることの幸せを教えてくれた主人に感謝しています。

この幸せを産まれてくるわが子にも教えてあげたい。

Sizuku03_b

Sizuku01_a

Sizuku04_a

32 31_31d

|

« みなさんのあたたかいコメントに感謝です☆ | トップページ | みなさんのあたたかさに涙 »