« ときおり見入ってしまう誰かの自作アニメーション | トップページ | アンティークランプ改造計画 »

幼いころの思い出


私はよくテーブルの上や、

冬のおこたの台の上に乗って、

おもちゃのマイクを持ち、

歌謡曲やら、演歌やらその頃、流行りのアイドルの歌を、

唄っては祖父に笑われていた

躾に厳しい祖父もこればっかしは、

私のオンステージに怒ることもせず、

ニコニコしながら聞いてくれた。

幼いながらに、よくもまぁ歌詞を覚えていたもんです

昭和の時代は、多くの歌番組が毎日のようにあったような?

私が生まれる以前の曲まで歌っちゃってました(笑)


私が一番好きだった曲

どこか大人びたこの曲が何故だか好きでした。


祖父の喜んで聞いてくれる顔が大好きだった。


みなさまもこの曲の声の美しさに時代を感じていただけたら・・・



倍賞千恵子さん可愛らしいキレイナ方ですよね

歌手だったとは・・・

それを知ったのは大人になってからのこと・・・

|

« ときおり見入ってしまう誰かの自作アニメーション | トップページ | アンティークランプ改造計画 »

コメント

おはようございます。
いろはさんのオンステージ是非最前列で拝聴したいですね。(o^-^o)
昔の銀幕スターは美男美女というだけではなく歌って踊れて、なんでも普通にこなしていたスーパースターでした。
あの名女優の吉永小百合さんも歌手やってましたからね。。。ちょっと古かったでしょうか?
失礼しました。

投稿: EOSのパパ | 2011年9月11日 (日) 06時30分

>EOSのパパさん
えぇ・・・。
幼いころは、こんなことしてました。
最前列は祖父の特等席でしてうふふ

銀幕のスターってホントすごかったみたいですよね。
祖父や祖母、母からいろいろ聞きましたから知ってますよ

でも・・・
吉永小百合さんが歌手だったとは・・・
しりませんでした。

ちなみに、うちの母・裕次郎ファンでして何故か良くしってます。。。私。。。いくつだ!!?

投稿: いろは | 2011年9月11日 (日) 11時11分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幼いころの思い出:

« ときおり見入ってしまう誰かの自作アニメーション | トップページ | アンティークランプ改造計画 »