« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

Happy*Birthday D

今日は、Dの30才のHappy*Birthdayです

事故がおきたときは、今日という日を迎えることができるのか

不安でしたが。。。

朝から、私のプレゼントした真新しい眼鏡をうれしそうにかけて

出て行きました


             Illusthappydays4 プレゼント

お祝いの日はウキウキします


Line13
でも今日は乗馬最後の日でもあり・・・

ライセンス試験の日でもあります・・・

いろいろあったので、いったん辞めることにしました!

あらたなるスポーツはやるよていですが

以前やっていたジョギングが長年の時を経て復活です!!!!

Line14とにかく、今日はDの誕生日!

去年のようにケーキは作れないので。。。

今年はプロのケーキを予約しました

Illusthalloween1
Illusthappydays2   よろこんでくれるといいな

   30の節目ですからね

     Dもちゃんとしなきゃと

       なにか決意しているようで


さてさて勉強しないと。。。Σ(;・∀・)

Banner07_3_1

|

川越のとあるベーカリー

みなさまこんいちは

今日は、いいお天気でとってもポカポカ陽気でした

Dが事故に遭う前にふたりでぶらりと川越のほうに足を

運んでみつけた”とあるベーカリー”


                     Illustpan11

その名も”楽 楽”可愛らしいゴールデンレトリバーの

ムック店長がいるドッグカフェまであるベーカリー

2011_0313_132814p1030142

なんだかとってもおしゃれ!なんです。

それに自転車できてもDは安心だそうで・・・(事故後は当分乗りませんが)

そしてそしてムック店長もとっても大人しくってカワユイ

2011_0313_132826p1030143

Dは本当に大人しくって口に手を入れても何にも抵抗しなかったよと、

まあのんきに、なんてことを。。。したんですか。。。

とにかく店長の風格たっぷりのムックくんでした。

2011_0313_132958p1030146

みなさまもぜひ行かれてみては?

パンもとってもおいしかったですよ~

Banner07_3_1_2 こちらつかわせていただいてま~す



                      

|

3月18日交通事故

みなさまお久しぶりでございます。

少しお休みしている間も、ブログにあしを運んでくださった方、

ほんとうにありがとうございました o(_ _)oペコッ

3月11日に東日本大震災が発生してから、

2週間が経ちました。

まだまだ変わらない生活を送られている震災地のみなさまは本当に、

苦労なさっていることと思います。

はやくこの現状から、少しでも良い暮らしへと変っていけたらと、

願うばかりでございます。


この2週間のあいだ、

私のまわりで心を締め付けられる出来事が起きておりました。

3月18日

いつもと変わらない一日のはじまり。。。

その日は、計画停電がお昼からあるということで、

うちのDは、お昼に帰ってくるね~と、

ピースしながら、ルンルン気分でお気に入りのチャリとともに、

仕事へ・・・

私はというと、その日は乗馬のライセンス試験の日でした。

ところが、

午前9時をまわったころ、

携帯がなり、着信は”D”?

応援の電話かと思いでてみると、

知らないひとの声?

よくきくと”~消防所です”

”~さんの奥様ですか?”

一瞬の冷気ともいえぬ空気が私を包み込みました。

救急隊の人はこう告げたのです。

”旦那さんね、交通事故で意識がなくなっていました。

今、意識が戻って奥さんの連絡先教えてくれましたから、

旦那さんの着替えをもって、支度をして、~にきてください。

奥さんを乗せて受け入れ先がきまったら、病院むかいますからね。”

無我夢中で支度をして、

救急車がくるのを待ちました。

長く苦しい時間。

救急車に乗り込むと、変わり果てたDの姿。。。

でも、意識ははっきりある。

手・脚は大丈夫そうですが、

顔面の損傷がはげしく、頭部を強打したため10分くらい意識がありませんでした。

”奥さんがくるの待っていたから、

声かけてあげてください”

私は、ふるえる手でDの手を握り、彼の名前を呼びました。

何ともいえぬ恐怖から流れてくる涙。

事故直後から1時間たったころ、

ようやく受け入れ先が決まり、

救急車はサイレンとともに走りだしました。

震災地に先生が行っていて受け入れられない病院や、

計画停電で受け入れられない病院があったため、

1時間も動けなかったそうです。

よく話を聞くと、Dは自転車の単独事故。

車との接触ではなく、

目撃した人の話では、

突然、自転車の前輪がはずれ、

顔面からアスファルトに突っ込んっでいった。

大量の血液がながれ、

意識がない状態。。。という話だった。

でも、私の目の前にいるDは車と接触したのでは?と、

思うほどの顔面の損傷・・・

ふつうでは考えられないケガだと告げられました。

病院につくやいなや、CT・MRI・あらゆるレントゲンが撮られ、

いとまず、脳の出血はないが、

なにがあるかわからないので、1週間ほど入院です。と告げられました。

歯が抜け落ち、鼻は骨折、唇のうえを8針を縫う損傷。。。

端整なDの顔を思い出すことのできない程の怪我でした。

たくさんの方たちから電話が入っているものの、

私は病院の中・・・電源が落ちている状態。

みんなに、Dがレントゲンを撮っている間に連絡。

看護師さんに呼ばれたり。。。

なんだか気が張り詰めていたいたような気がします。

Dの両親に連絡がとれ、新潟から埼玉に向かっている知らせが入り。

Dの会社の方々も駆けつけると連絡が入り。

あわただしい瞬間でした。


ふとDが病棟に入るので奥さんはしばらく待合室でお待ち下さいと言われた時、

私の中で張り詰めていたものが緩み、

一機に涙がこぼれおちてきました。

最愛のひとを失うのではないかという、

計り知れない恐怖心とともに。

そうしているうちに、Dご両親が着き、会社の方々も見まいに駆けつけて下さり、

すこしずつ心が落ち着いていったのでした。

幸いにも、顔面の損傷は経過とともに治りますし、

脳も数日ごの検査でも異常はなく、

入院4日目の夕方に退院し自宅でみるということになりました。

ベットが次から次へと急患の患者さんでうまっていくため、

毎日、通院していただくという一時退院となりました。

何か異常があったらすぐに連絡というそんな退院でした。


Dはというと、自宅に帰ってきた喜びと安どから日に日に元気になり、

1週間が経つと若さゆえに顔もよくなり、

歯はないものの以前のDへと回復いたしました。

そして、本日から会社に復帰したのでした。

朝は、会社まで一緒に歩いて行きました。

心配で(^-^;

この事故で、お互いがかけがえのない存在であることに、

改めて気付かされた気がいたします。

私はもう何も失いたくないです。もうなにも。。。

2011_0316_140635p1030162

|

節電に努めます!

東北関東大地震から2日が経ちました。

報道を見るたびに、被害の大きさに驚くばかりです

まだまだ多くの方々が安否がわからず、

ひとりでも多くの方々が無事でいることを願うしかありません。


今、我が家では節電に心がけています。

小さい電気量ですが。積み重なればなんとやらです!

夜はキャンドルで過ごし、

暖房もあの停電から使っていません。

ガソリンも今日いたるところで長蛇の列を目にし・・・

これは、供給が止まるのではと思い車も自粛です。

歩いて少し遠くまで買い物に行ったりと健康にいい生活になっています。


そこで、ブログも少しの間お休みにしようと決断いたしました。

明日から断続的に東京電力が停電を各地で行うそうで、

そうすることにいたしました。

とはいっても、よく期間が空く私なので今までとなんら変わらないのですが。。。

みなさま、返事をかえすのが遅れてしまうかもしれませんが。。。

宜しくお願いいたします o(_ _)oペコッ

|

東日本大地震

昨日の大地震。。。

私は、ちょうど家に帰宅した直後でした。

グラッときたとたん、揺れが大きくなり長く食器棚からは音をたてながら食器が落ち、

熱湯の入ったポットが落下しそうなのを必死でキャッチして、

これは外に出ようと玄関へ。

道路には、小さなお子さんを抱きかかえたお母さんが、

なにが起きているのか把握していない様子・・・

地震です!なるべく電信柱など大きく揺れている物から離れて下さいと声をかけていた私。

いちよう、地震は過去2度経験しています。

新潟中越地震震度6弱。中越沖地震においては震度6強の震源地にいました。

電信柱が倒れ全てのライフラインも寸断。

あの時の恐怖も心に残ったままですが。

みんなで、助け合うことも学んだあの時。

学校帰りの小学生にも、声をかけパニックにならないよう避難を仰ぎました。

部屋の中は、散乱。

その後、部屋に戻ると部屋の入り口を冷蔵庫がふさいでいる。。。

上にあるもの、危険なものを床におろしていると、

大きな余震。。。

必要なものだけ持って、近くの旦那のところへ行こうとした時、

あわてて旦那が帰ってきました。

携帯がつながらず、メールも返ってこないため、

会社もみんな帰ることになったため息をきらして帰ってきてくれました。

顔を見た瞬間、安堵と恐怖心から抱き合ってました。


その後は、電気は翌朝まで停電し、ガスも連動だったため止まり、

ブログをみることができませんでした。

心配してくださった方々、我が家は今落ち着いています。

ふたりとも無事でいます。

心配してくださりありがとうございます。


まだまだ、被害の規模は拡大しております。

みなさんどうか無事でいられることを祈っております。

心が締め付けられる思いでございます。

|

SAKURAIRO

すこ~し春を感じたくて、

さくらいろのティーで和むことに。。。

”無印良品”のアップル&ローズヒップ

ほのかな甘さと、爽やかな酸味の一杯ですよ~


2011_0310_101634p1030128

見てみるとおわかりの通りキレイなさくらいろです

2011_0310_101722p1030132

瓶の中は、さくら満開?




♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;Illustspringhascome5

|

おきにいりのお花やさん

今日は、なんだか冬に逆戻り?

さむいよ。。。

昨日はいいお天気だったのに。。。

春一番がとっくに来たというのにどうなってるんでしょうね

さてさて、

お気に入りのお花屋さんの1つ!

KUGE FLOWERS←ここをポチっとするとホームページへいきます☆

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

こちらで、かわいらしいRoseと出会いました


Rose2_2

名前を聞くのを忘れてしまい。。。

わかりませんが、

左のバラはイエロー+縁がレッドで、ひらきが大きい

右のバラはクリーム+縁がほんのりピンクで花弁のフリルがとっても細かい

初めてみましたこのバラさんたち(*v.v)。


こちらのKUGE   FLOWERSさん、おしゃれなバラがいつもあるんですよ。

しかも、ほかのお花もセンスがいいものが置いてあって、

私は、すごく好きです

スタッフのみなさんも、オーナーさんもいつも親切です!

おすすめですよ~


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

Rose_2

|

思い出

数年前、花屋で働いていたころ、

お店にながれていた、

Chicagoの”素直になれなくて”↓

急に、花火が上がり始めた。

私が働いていた生花店の周りには、

結婚式場が多数あり、

夜の式をあげるカップル恒例の打ち上げ花火があった。

そのとき、たまたまその音楽にマッチしていて感動し、

幸せをもらったのを思い出した。


その時、先輩がこんな話をしてくれた。

私がそのころ働いていた長岡市では、

1年に結構花火が上がる。

不思議に思っていたが、部屋から絶妙に観えていたので、

ラッキーと思っていた。

”長岡花火の由来知ってる?”と聞かれ、

地元でなっかた私は、

もちろん知らないと答えた。

”長岡花火はね、長岡空襲の復興を祈って上げられたのがきっかけなんよ”

と話してくれた。

長岡空襲があったのは知っている。でも、それが由来だとは思わなかった。

長岡空襲。

太平洋戦争終結を間近にした昭和20年8月1日、

長岡上空に126機の爆撃機B29が来襲し、

1時間40分もの間、焼夷弾の雨にさらされ、

長岡市街地のほとんどが焼け野原となり、

1,480人もの住人の命が失われた。現実。

つまり、あの美しい花火は弔い花火だったということ。


また、2006年の中越地震の弔いと復興を込めて、

「フェニックス」が毎年、平原綾香さんの"Jupiter"の曲に

あわせて上がっている。

平原 綾香 ”Jupiter”←ここポチっとね


先輩は、花火が上がるすぐそばに住んでいたらしく、

毎年、部屋でほろ酔い気分で観ていると言っていた。

クライマックスの「フェニックス」がJupiterとともに上がると、

涙があふれてくると話していた。

きっと、そういう思いの人がたくさんいると思う。



あまり、長い間いなかったけど、

冬にサイレンとともに、

長い間、花火が上がっていたのを観たことがある。

故人を思い普段から弔い花火をあげる風習があるらしいことを知ってからは、

何か複雑な気持ちになったのを思い出した。

|

最近だめだめです

最近、ひきこもりがちな私。。。

外に出ても用事以外は家の中。。。

ちょっとこころに余裕がない。。。

何に焦っているんだろう・・・

まあこんな感じです↓

2011_0221_145759p1030068

|

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »